lunash

【PINES|バギオ】新校舎の「教室」で勉強してきた【フィリピン留学】

こんにちは。PINESに1ヶ月半、通っていたNashです。

この記事では、新校舎メインキャンパスの「教室」について、紹介していきます。

そもそもPINESってどんな学校?【フィリピンのバギオエリア】

フィリピンのバギオエリアにある10年以上の歴史がある英語学校で韓国資本のスパルタ校です。

そもそも、PINESについての全体的な情報は下記にまとめています。

» フィリピンにあるバギオのPINES(パインス)ってどんな学校?

2種類の教室

PINESでは大きく分けて「個人教室」「グループ教室」の2つの教室があります。

そのため、取っているレッスンによって使う教室が異なります。

個人教室

一対一の個人授業で使われる部屋です。

フィリピン語学学校のよくあるスタイルで、すべての個人教室には下記があります。

  • 机x1
  • 椅子x2
  • ホワイトボードx1
  • 電源x2
  • 換気扇x1

ちなみに、1つのスイッチで、電気と換気扇が管理されているので、寒くても換気扇を止められないです。

また、乾燥もしがちなので、風邪予防も含めてマスクがあると重宝します。

グループ教室

グループ教室用の部屋で、ホワイトボード・机・椅子があります。

部屋によって、4人〜20人くらいの大きさです。

実体験としてですが、残念ながらスピーカーは、部屋によってかなり劣悪です。

そのため、リスニングの授業でも、スピーカーの音がこもっていて、聞き取り時にストレスを感じることは、多々ありました。

当たり前ですが、リスニングの練習の時点で、「解像度の低い音声」ではなく、きちんと「解像度の高い音声」で練習をすべきです。

終わりに

少なくとも、個人・グループ教室の部屋に対して、そこまで大きな不満は感じなかったです。

個人的には、「教室」自体のクオリティよりもレッスンや先生のクオリティなどのほうが大事かと思います。


フィリピン留学中に毎日必ずTweetしてたので、その内容をまとめました。興味がある人はこちらもどうぞ

» Twitter - フィリピン留学(2019/2/2~2019/4/27)(バギオ→セブ)

「いいね」してもらえると喜びます。

arrow_backPrevious留学目的を考える【留学失敗を回避】Next【PINES|バギオ】新校舎の「学生寮」に泊まってきた【フィリピン留学】arrow_forward