【経験者】SEからのおすすめ転職とポイントまとめ

こんにちは。過去に、金融系SIerからWeb系ベンチャーに転職したNashです。

この記事は、下記についてまとめた記事です。

  • 「SEが転職のときに考えるべきポイント」
  • 「SEからのおすすめ転職先」

※ SE(システムエンジニア)

では見ていきましょう。

転職における、業種と職種のルール

rule-1

まず言葉の整理をしておきましょう。「業種」と「職種」です。

  • 【業種】:保険、金融、など
  • 【職種】:SE、Web系、コンサル、社内SE、など

例えば、「金融系SE」なら「業種=金融」「職種=SE」になります。

キャリアアップなら、0~1個を変えるだけ

ここで注意なのは、今の「業種」「職種」を変えるほど転職の難易度が高くなります。

  • 【0個】:キャリアップ(高待遇の可能性)
  • 【1個】:キャリアップ(高〜同待遇の可能性)
  • 【2個】:キャリアチェンジ(低待遇の可能性)

例えば、「金融系SE」→「金融系コンサル」なら「職種」の1個だけが変わるので基本的にキャリアアップしていくわけです。

キャリアチェンジ=ポテンシャル採用

2個の場合、キャリアチェンジと表現しているのは、俗に言う「ポテンシャル採=未経験採用」というものになるからです。

例えば、「金融系SE」→「保険系システムコンサル」なら「業種」「職種」の2つが変わっていますね。

受け入れる側からすると、「業界のことも知らない」「職のことも知らない」という人間を雇うというわけですから、ポテンシャル採用になるわけです。

キャリアアップを前提に、キャリアチェンジも選択肢

基本的には「キャリアアップを前提にキャリアチェンジも選択肢に入れながら転職先を考える」というのが良いかと思います。

特に、転職エージェントからは、キャリアチェンジを勧めてこないケースがあります。 理由は、キャリアチェンジだと転職時に年収が下がるため転職エージェント側に入るマージンが下がるからです。

とはいえ、自分の人生なので、自分でどうしたいかは決めていきたいものです。

長期的にキャリアを作るために、転職可能な状態になっておく

また、転職するにあたって、「その転職先から更に転職が可能か?」まできちんと考慮しておいてほしいです。

現状、すでに終身雇用制度の崩壊が確定しているため、今後の日本市場では転職がより一般的になる可能性が極めて高いです。

そのため、いつでも転職できるようなキャリアにしておくべきですね。

SEから転職でおすすめ職

recommend-2

では具体的にどのような職がおすすめか?

結論は、「その人による」がかなり大きいですが、それとは別に、自分のおすすめする・しない転職先を列挙します。

【SE→SE】セキュリティがわかるエンジニアにシフト

「セキュリティがわかるSEへの転職」です。

下記のような人におすすめできるかと思います。

  • 「今まで長くSIerにいたので、他の業種・職種に行くのは・・・」
  • 「はじめての転職なので、ひとまずSIer系にいきたい」
  • 「技術力に自信がなくて、今からWeb系はちょっと・・・」

イメージとしては、今までのキャリアに+αで「セキュリティ」というベクトルを加えていくわけです。

セキュリティ系を推す理由は「今度、確実に需要がある上に供給が足りていないことがわかっている」からです。

いま求められるセキュリティ人材確保のために ー情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度のご紹介ー

こちらのIPAの記事にありますが、「セキュリティ専門技術者ではなく、セキュリティ・ビジネスの両立・バランスを取れる人材の不足の懸念」が挙げられています。

現在様々な仕事がAIやクラウドに取って代わられている中、セキュリティというジャンルは人間への依存度が高い分野の1つです。

もちろん、そのためにセキュリティ周りの学習しないといけないわけですが、逆に言えば一通りの学習を終えてしまえば、自分の強みとして長くキャリアの支えになります。

また、今までのSEの経験で得てきた、ビジネス系のスキルを持っている人間が+αとして戦っていくにあたっての選択肢として、相性が良いかと思っています。

【SE→監査法人】上流が得意な人がキャリアップ

SEから監査法人へのキャリアップを目指す方向です。

下記のような人におすすめ出来ます。

  • 「上流工程を中心に仕事をしていた」
  • 「下流工程よりも、上流工程の仕事が好き!」
  • 「特に、マネジメントとか顧客とのすり合わせとか!」
  • 「資料作りとかうまいよ」

自分の同期に、このケース、つまりSE→監査法人のキャリアップをした人がいるので話を聞いてみました。

  • 給与は上がったよ
  • 地頭がいい人が多いので、刺激が多い
  • いろいろな企業のシステム事情を知れるので、業界平均がわかるようになる
  • 文書を見て、矛盾の指摘などビジネススキルが求められる

の、ような感じでした。

イメージとしては、上流工程で光ってた人がそのまま、ビジネスマンとしてキャリアアップ・チェンジしていくイメージですね。

【SE→Web系】エンジニアリングをしたい人がキャリアチェンジ

自分がこのケースです。

  • 「エンジニアとしてキャリアを歩みたい」
  • 「リモートワークや副業など柔軟な働き方をしたい」
  • 「エンジニア+αな仕事をしていきたい」

などの人におすすめです。

特に、SIerではマネジメントが花形なのに比べて、Web系ではエンジニアが花形になります。

なので、Web業界では「エンジニアなのにコードが書けない」みたいな人は一人もいません。

たいていのリーダー・マネージャーも昔はコードをバリバリ書いていた、みたいな人たちです。

とはいえ、レベルの差はあるので、きちんと戦略を立てて転職していけば未経験からでも十分可能です。

【SE→社内システム】おすすめしない

よくSEからの転職先としてホワイトな可能性が高い社内システム部が挙げられます。

が、個人的にはSE→社内システム部門への転職はあまりおすすめしないです。

理由は、その後のキャリアパスが断絶する可能性が高いからです。

まず、たいていの社内情シス部門の技術力は低いため、そこで経験を得ても技術力・ビジネス力が高まらない可能性が高いです。 つまり、仕事を通してキャリアが成長しないわけです。

結果として、転職しにくい人材になるため、仮に会社が倒産の危機になっても転職できず、自分の運命が会社と共に。という感じになってしまうからです

とはいえ、社内SEは、一般的には定時退社がしやすく、また、場合によっては部署転換もあるため、そこから違う部門、例えば営業・企画、などに行ける可能性もあります。

こういった特徴をうまく活かせれば、SEから大きくキャリアを変えることも可能かもしれませんので、戦略がかなり大事になってきます。

いち早く転職エージェントの人と相談

個人的にSIerから少しでも出たいという気持ちがあれば、まずは「いち早く転職エージェントの人と相談をするべき」です。

エージェントの方との会話で、自分の考えがまとまりますし、今の市場がどうなっているのかが客観的にわかります。

Nash
Nash

プログラミングが好きな人。SE→ITベンチャー→フリーランス。日本を出て、海外で働いて、最終ゴールは月で生活すること。