Webエンジニアの「将来性がない」は本当か?→むしろ超有望

こんにちは、日本の将来に不安しか感じていないNashです。

この記事では、「Webエンジニアは将来性がないのか?」に対して、元SEで現Webエンジニアの自分が語ります。

結論ですが、「将来性がない」どころか、むしろ「超有望」です。みんなやればいいのに。

Webエンジニアの将来性がないか?を、客観的にみる

graph-image-web-developer-future

まずは、データを元にしてできる限り客観的に見ていきましょう。

経済産業省の解答は? ←需要があるのに、人がたりなさすぎる

経済産業省 IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

平成28年(2016年)のデータなので少し古いですが、経済産業省が出した公式の資料です。

この資料は、だいたい3つ流れになっています。

  • ①今、IT人材を獲得するの、めちゃくちゃ大事だよね?
  • ②なので、IT人材の需要供給をデータ化したよ ←★
  • ③これをもとにIT人材を確保する方策を書くよ!

この資料自体は、むしろ業界の人こそ見るべきですが、今、注目してほしいのは②です。

「2030年時点で、IT系の人材が約60万人も不足する見込みです。」

つまり、需要はめちゃくちゃあるのに、市場にエンジニアが足りなくなるので、「超売り手市場」というものになるわけです。(というより、すでに実際になってます)

超売り手市場、つまり、エンジニアたちが有利ということで、職場環境や給与形態もかなり有利になります。

具体的には、下記のようなものかな?と思います。

  • 正社員なら、給与は600万前後なら割とすぐなる
  • フリーランスなら、年間1000万以上もザラにいる
  • フルリモートで仕事してもOK
  • 週5より少ない勤務数でもOK

しかも、時間が経つに連れて

  • 需要があるのに、人手不足がどんどん加速する
  • 自分の経験・キャリアが伸びるので、更にキャリアップできる

の2つが確約されています。

「将来性がない」と思いますか?

世界時価総額ランキングから見る:IT系が独壇場

これは平成30年(2018年)の情報ですが、世界時価総額ランキングでは、上位はほぼIT系が独占状態になっています。

将来性の有無を考えるときに「イケてる会社はどこなのか?」を探す前に、「イケてる業界」をまずは考えるべきです。

少なくとも、世界トレンドで見ても確実にIT系一択であることは上記のランキングからもわかるかと思います。

Webエンジニアの働き方を、主観的に語る

pc-image-web-developer-future

ここまでは、データを元にしたものです。

次は、主観的に経験者の自分が語っていきます。

多様な働き方やキャリア

Webエンジニアの職場だと、多様性のある働き方をしている人が周りにゴロゴロいます。

というよりも、一般的なサラリーマンのように、「1つの会社に週5で同じ仕事を10年以上続けています」というほうが、むしろ少ないです。

具体的には下記のような人たちです。

  • エンジニア+ブロガーしてる (職場で2人くらいいた)
  • エンジニア+技術コンサルしてる (職場ごとに1~2人くらい入ってる)
  • エンジニア→CTOになった (職場に4人くらいいる)
  • エンジニアしてたが、起業した (2人くらいいる。この前、仕事もらった)
  • エンジニアから、マネージャーになった (2人くらいいる)
  • エンジニアから、デザイナーになった (2人いる。今度、専門学校に行くらしい)
  • フルリモートで家だけで仕事してる (2人くらいいた。自分も海外で仕事してた)
  • 週3だけ仕事して、残りの時間は好きなことをしている (1人いる。楽しそう)
  • 海外旅行しながら、エンジニアしてる (2~3人いる。砂漠でコード書いてたらしい)

このように、+αをしやすいエンジニアは自分のキャリアに広がりが生まれて、将来性があると思いませんか?

転職は日常茶飯事

日本の就業形態として「終身雇用」が崩壊して、これからは「転職」が一般的になる可能性が極めて高いです。

ですが、やはりまだまだ「転職」は一般的なイベントではないかと思います。

「Web業界では、転職が日常茶飯事で行われます。」

「Web業界の平均勤続年数は2~3年くらい」だと言われているほどです(データ見つけられなかったです。が、感覚値だと、あってるかと思います。それどころか、もっと短く転職している人が多い印象です)

これは、下記のようなところが理由だと思っています。

  1. 年功序列ではない → Web業界自体が「若い」ので40歳を超える人すら、まだ少ない。
  2. 「技術」は他の会社に行っても通じるので、即戦力になる
  3. 超売り手市場なので、技術証明ができれば、簡単に仕事が見つかる

ちなみに、自分も「今の現場をやめたら、次に自分のところに来てほしい」的な内定確定済み状態オファーが3つくらいあります。

終わりに

Webエンジニアの将来がないか?について、自分の考えをまとめてみました。

もしWebエンジニアに興味があれば「エージェントなどに話を聞きに行く」などのアクションを行うことをおすすめします

Nash
Nash

プログラミングが好きな人。SE→ITベンチャー→フリーランス。日本を出て、海外で働いて、最終ゴールは月で生活すること。