【実レビュー】MacBook 無印でプログラミングは、サブ PC としておすすめ

こんにちは。フィリピンとバンコクで生活しながら開発していた Nash です。

この記事は「中古で買った MacBook 無印(2015)で海外ノマド生活をしながらプログラミングの仕事・作業を実際にしてみた結果」の記事です。

  • エンジニアの PC スペックは人権だ!と叫ばれてる中
    macbook(2015)でしばらく仕事してみたけど高望みしなければ意外とどうにかなるな

結論は、下記のとおりです。

  • 一般的なエンジニアのメイン PC としては Mac Book 無印は性能が低すぎて、おすすめできない
  • メリ・デメを理解して軽量性を重視したサブ PC として選択するのは、おすすめできる

MacBook 無印でプログラミングは、サブ PC としておすすめ

mac-book-sub-pc-programming

MacBook 無印はサブ PC としてならおすすめできますが、メイン PC としては性能が低いです。

MacBook 無印 2015 の機能詳細

自分が購入した MacBook 無印(2015) の項目別の機能詳細を列挙します。

項目内容
NameMacBook(MB)
Size12-inch
DisplayRetina
ModelEarly 2015
CPU1.1 GHz Intel Core M
RAM8 GB 1600 MHz DDR3
StorageSSD
KeyboardUS

エンジニアなら、PC のスペックが低いことがわかるかと思います。

とはいえ、サブ PC としては、性能面よりも他の観点を色々考えて購入しました。

サブ PC として購入した理由

サブ PC として、中古 MacBook 無印(2015)を選んだのは下記が理由です。

  • 【軽い】持ち運び性を重視
  • 【スタンドアローン】PC 単独で作業が行える環境
  • 【ライフサイクル】USB Type-C なのでライフサイクルが長い
  • 【性能】性能面はそこそこで妥協することにした

詳細は下記の記事にまとめています。

» フィリピン留学用にサブ PC を選定した話【IT 留学じゃないです】

プログラミングも出来るし、ライティングも出来るし、持ち運びも軽い、という良い意味でも悪い意味でも、器用貧乏な PC ですね。

プログラミング用に MacBook 無印を使ってみた

mac-book-programming

実際に MacBook 無印を海外で使ってみました。具体的には下記の通りです。

  • 【場所】フィリピン(セブ/バギオ)とタイ(バンコク)
  • 【時期】3 ヶ月超 (2019/2 頭〜2019/5 中旬)

使ってみた結果を、一つ一つ振り返ってみます。

軽いは正義

選定時点で「軽さ」を重視していたのもあり、やはりめちゃくちゃ軽いです。1kg を切る重さは PC として、MacBook はポータビリティがずば抜けています

「MacBook を持ったまま一日散策する」となると、一日が終わるころには肩が少し痛くなってます。とはいえ、「近くのカフェに作業しにいく」などのときは、MacBook の重さは荷物としてほとんど負荷にならないです

そのため、持ち運びを主としたサブ PC としては、期待通りでした。

プログラミングには、性能面がネック

プログラミングをガッツリやる場合は性能面は、正直足りないです。実際、性能面がボトルネックになって、処理が遅く、生産性が少し落ちていました。

具体的には、下記のとおりです。

  • コンパイルが遅い
  • Docker を動かしている状態だとネットサーフィンですら、処理がもっさりする。
  • 音楽をバックグラウンドで再生してると、処理がもっさりする。

「Docker を動かさない」「バックグラウンドで処理をさせない」などの状態なら、ネットサーフィンは速いですが、コンパイル自体はどうあがいても少し時間がかかります。

結論は、「開発を行うことは可能でサブ PC としては悪くはないが、メイン PC としては性能面が正直足りない。」です。

USB Type-C が1つは、問題なし

端子が 1 つでも困ることは少ないです。

また、USB Type-C なので、サードパーティ性のモバイルバッテリーも使えるます。モバイルバッテリーも含めれば電池残量はかなり長持ちします。

ちなみに、おすすめは下記です。充電器にもなるし、モバイルバッテリーにもなるし、軽いので持ち運びやすい神アイテムです。

» Anker PowerCore Fusion 5000

実際に、今回の海外滞在だけはなく、日本でテックイベントに行くときもほぼ毎回持っていっていました。

» 技術カンファレンスに通って、わかった 11 個の気付き

ライティングに良い

ライティングには性能面は問題なくできるので良かったです。この記事も MacBook 無印で書かれています。

フィリピンにいたときはインターネットにあまりに繋がらないのでオフラインで作業できるブログ執筆をしていたので、MacBook 無印で 30 個くらいブログの記事を書いてみた結論です。特にポータビリティが高いのでカフェに気軽に持っていけるのは大きいですね。

ただ、ライティングというかブログ執筆などに特化にするなら、 iPad Pro のほうが良いかもしれないです。理由は 下記です。

  • 【文字入れ】Apple Pencile が使えるので画像に文字入れが可能
  • 【アプリ】画像・動画編集やブログ執筆の良質なアプリが iPad に出揃っている
  • 【キーボード】純正のキーボードだけでなく、サードパーティーの良質なキーボードが利用可能
  • 【軽さ】Mac Book 無印とそこまで変わない

バタフライキーボードに対して賛否はありますが、自分はそこまで気にならないので、ライティングもプログラミングも快適にできました。

結論:終わりに

結論は「軽量性を重視したサブ PC としての選択ならおすすめできるが、メイン PC のような振る舞いは期待できない」となります。

現状、プログラミングのメイン PC としてオススメするのは、やはり「MacBookPro」でしょう。

MacBook 無印の使い勝手やメリデメも経験を踏まえてわかったので、次は機会があれば iPadPro も試してみたいなー、と思っているところです。

Nash
Nash

プログラミングが好きな人。SE→ITベンチャー→フリーランス。日本を出て、海外で働いて、最終ゴールは月で生活すること。