2020/05/032020/05/03

ReactNative (Expo) + SQLite のマイグレーション npm パッケージを作った

こんにちは、Nash です。

この記事は「React Native (Expo/managed)+SQLite 用の RawSQL なマイグレーション npm パッケージを作った話」です。

実際の成果物は下記です。

(気が向いたら Star してもらえると嬉しいです)

では、見ていきましょう。

作った npm パッケージについて

背景

フリーランスの仕事にて ReactNative(Expo/managed)での開発をしていて、だいたい 1 年くらい経過しました。「せっかくなので、簡単なアプリでも自分用にも作ってみよー」ということで SQLite を DB に持つアプリ開発をしていたのですが、この中で「Expo 用に SQLite で使える raw SQL なマイグレーションライブラリがない」という課題が出てきてせっかくなので自作+公開しました。

ちなみに、rawSQL ではなくて、オレオレクエリビルダによるマイグレーションを実現する npm パッケージは存在して、最初はこのコードを参考にしてました。アプローチとしては OOP で、クラスを定義、クラスメソッドにてマイグレーションの実行を行う流れです。

せっかくなので、自分の npm パッケージは違うアプローチにて作成しました。

パッケージの構造

アプローチとして「TypeScript + React Hooks(Context)」にて実現してます。

SQLite 用のマイグレーション npm パッケージですが、ReactNative 専用なので Context/Provider をガンガン使う感じです。

詳細の使い方などは README に書いてありますので、こちらを参考に。

パッケージ化の流れ

作ったモジュールをパッケージ化していきます。

だいたい下記のようなステップで npm パッケージ化しました。

  • 1)モジュール化
  • 2)ローカルで検証
  • 3)リモートで検証

各ステップについて説明します。

1)アプリの中でモジュールとして切り出して独立した存在にさせます。今回は、開発当初から npm パッケージ化させるつもりだったので、ほぼ工数は0です。仮に、あとからモジュールを切り出すにしても、そこまで大変ではないかと思います。

2)ローカルで検証するために、npm パッケージ用にリポジトリをローカルに作ります。1)でのモジュールをここに移動させ、アプリ側の package.json にてこのローカルリポジトリを参照させます。これで正常にアプリが動作するかを確認します。

3)リモートから npm パッケージを取ってきます。まず、ローカルの npm パッケージのリポジトリにて、build&publish します。その後、アプリ側のリポジトリにて普段のパッケージ同様に yarn add などでリモートの npm パッケージを取得します。これで正常にアプリが動作するかを確認します。

これで、npm パッケージ化が完成です。

詳細のコマンドなどは、参考文献にあるリンクを参照してください。困ってもググってもかなりの数の手順が出てきます。

パッケージ化などによるナレッジ

今回の SQLite マイグレーション npm パッケージを作成するにあたって、得られたナレッジなどをまとめます。

ハマったとき:小さく始める

npm パッケージ化にて、ハマりました。特に、ローカルで npm pack したものを別にリポジトリから参照して使ってもReact variable errorみたいな汎用的なエラーが出てきて困りました。

というわけで、先人たちの言葉通り小さく始めることにしました。具体的には「console.log をだけを吐き出す npm パッケージ」を作って動かすところからはじめて肉付けしていきます。

特に、npm パッケージ化の作業は詰まった内容をググりにくいので、困ったら小さく始めることをおすすめします。

ハマった点:SQLite の callback を Promise 化できない

npm パッケージの中身の話です。2 つ以上のクエリ発行にて Promise 化すると transaction.executeSql にて何も言わずに Kill されるという、不明瞭なバグ?ぽいものを踏んでかなりハマりました。

というのも、どうやらエラーもログもでないでプロセスが Kill されてるぽいです。

下記 Issue と同じ現象だと思うのですが、ただ Expo 側でこの Issue が Close/Lock されてて議論の余地がない状態です。。。これ以上調査する元気もないので原因究明を諦めました・・・。

なので、callback 地獄をやめたくて Promise/async/await 化してたコードを泣く泣く全部消し、すべて callback 化しました。おかえり callback 地獄。

ナレッジ:Expo+Sqlite でのマイグレーションのベストプラクティス

今回自分が作成した npm パッケージは「React Native (Expo/manged)で SQLite を使ってるとき用の Raw SQL なマイグレーション npm パッケージ」です。

ですが、Expo 公式見解での SQLite のマイグレーション方法としては、「どこかに version を保存しておく+マイグレーションを実行するコードだけで十分」とのことです。

Back-end で開発をしていれば一般的なマイグレーションと言えばイベントソーシングなやり方だと思うんですが、Expo 公式のやり方だとより愚直にやる感じですね。スケールの観点では微妙ですが、スケールを考慮する必要はないよ!ってスタンスだと思ってます。

(以後、イベントソーシング的な方法を RailsWay と呼称しますね。多分 Rails が最初じゃないと思うけど。)

Rails Way と Expo Way を具体的にどうやって実現するかです。

RailsWay と ExpoWay のメリデメです。

  • ExpoWay から RailsWay へあとあとに切り替えるのは面倒そう(逆は簡単そう)
  • RailsWay で始めるなら初期コストが少しかかるけど、あとあとはかなり楽そう
  • だけど、そんなにマイグレーションすることないので、ExpoWay が良さそう。

今回、RailsWay でやりましたが、小さいアプリなら正直 ExpoWay が良さそうです。(まぁ、それを理解してたのですが、npm パッケージ作りたくて今回 RailsWay にしてます。)

おわりに

Web エンジニア1年目くらいのとき、会社のテックリードの人が年に数本パッケージを公開してて、そのパッケージに star も結構ついてるのを見てかなり憧れてました。

今回、自分が作ったパッケージが誰に使われるかはわかりませんが、どんな形であれ、Example 的な npm パッケージリリースではなくて、プロダクションレベルで使えるものを publish できてかなり嬉しかったです。

ようやく自分もスタート地点に立てた感があり、夜にいい気分ワインを飲めたので、皆さんもこれを機にパッケージを publish して一緒においしいワインを飲みましょう。

参考文献

npm パッケージ化にて参考にした記事

Nash
Nash
プログラミングが好きな人。SE→ITベンチャー→フリーランス。日本を出て、海外で働いて、最終ゴールは月で生活すること。