lunash

フィリピンで日本の食べ物を求めて、吉野家(Yoshinoya)に行ってきた話

こんにちは。メシマズが原因で、留学が失敗しかけたNashです。

この記事では、「フィリピンの吉野家に行ってきたので、その紹介」という、記事です。

結論は、「日本よりも、速い・安い・美味い」ので、おすすめ。

フィリピンの吉野家って?日本と食べ物は変わらない?

そもそも、吉野家って何?みたいな、QAはいらないですね。

ですが、フィリピンにも吉野家が、あります。ただ、日本のようにそこらへんの、街角にたくさんある、ってことは無いです。

店舗があるのは、割とキレイなモールの中に、レストランやフードコートの1つ、というカタチで配置されていることが、多いかと思います。

自分が行ってきたのは、「ロビンソンズ・サイバーゲート」という、レストラン集合のモールにある、吉野家に行ってきました。

フィリピンでも食べ物は、牛丼【日本と同じ】

philippines-yoshinoya-1

自分が頼んだ、牛丼のセットです。 (写真の色調がちょっと悪いですね)

1人あたり、130ペソ(約260円)で食べられます。 値段は安いですね。

このモールの他の店での食事はだいたい、一人あたり300ペソ(600円)以上なので 半分以下で食べ物を買えるのは、コスパが良いですね。

ズームで取ったら下記。

philippines-yoshinoya-cover

そして、味は変わらないです。

というか、むしろ、日本の吉野家よりも美味しいです。

たまに、日本の吉野家だと、 理由はわからないですが、肉が固くなっていることがあると思います。

フィリピンの肉は、柔らかいです。 また、ご飯は全体にタレが付いています。

このアレンジは、もしかすると、フィリピン専用に、調理方法がローカライズされているのかもしれないですね。

philippines-yoshinoya-2

飲み物もセットだとついてきます。

牛丼に合う合わないはおいておいて、味は普通においしいです。

日本にはない、フィリピンの食べ物【メニュー】

philippines-yoshinoya-3

メニューはこんな感じです。

シェアするためのセットとかもあります。

BENTO(弁当)売られているのは、なんだか面白いですね。

philippines-yoshinoya-4

ちなみに、カリフォルニアロールも売っています。

「フィリピンの吉野家」って感じの、食べ物ですね。

海外の旅行客グループが、これを食べてました。

フィリピンの吉野家の見た目【日本と違って、レストラン感】

philippines-yoshinoya-5

フィリピンなので、店名はローマ字。

色はおなじみの色ですね。

philippines-yoshinoya-6

外から見たらこんな感じです。

外は全面ガラス張り。

キレイな印象ですね。

philippines-yoshinoya-7

先にオーダーを取るスタイル。

自動券売機ではないです。

スタッフは優しいので、問題ないです。

終わりに:日本の食べ物を食べられる場所のストックを確保しておく重要性。

というわけで、フィリピンで日本の食べ物が食べられる吉野家の紹介でした。

ちなみに、留学中は、「日本の食べ物を食べられる場所を、常に複数個は用意しておくこと」をおすすめします。

なぜなら「学食がおいしくない」「たまに、突然日本食が食べたくなる」みたいなことが、あるからです。

詳細は下記の記事で書いています。ネタバレは、食べ物が合わないので、栄養が取れなくて体調悪くなって、勉強どころではなくなってしまった、というものです。

» フィリピンの食べ物を侮っていた話【留学失敗?学校選びは慎重に!】

というわけで、フィリピンで日本の食べ物が食べたくなったら、吉野家おすすめです。


フィリピン留学中に毎日必ずTweetしてたので、その内容をまとめました。興味がある人はこちらもどうぞ

» Twitter - フィリピン留学(2019/2/2~2019/4/27)(バギオ→セブ)

「いいね」してもらえると喜びます。

arrow_backPreviousフィリピンで豚の食べ物にトライして、後悔した話【レチョン=豚の丸焼き】Nextフィリピンの食べ物を侮っていた話【留学失敗?学校選びは慎重に!】arrow_forward